愛猫と手作りの暮らし
猫事件
2019年01月16日 (水) | 編集 |
去年の秋ごろでしょうか・・・
自転車に乗ってゴミ出しの帰り、近所の田んぼの中で
稲刈りの終わったあとの落穂をついばんでいる雀たちをじっと見ているニャンコ
「サクラ、何してるの、早く帰りなさい!」と言ったあと
ちらっと私の目をくれるとサクラではありませんでした。
全身を見るとかなり大きく、尻尾も短くて我が家のニャンコではありません。
サクラと思ったのは我が家のニャンコで敷地外に出て遊ぶのはサクラしかいないからです。
でもどちらかと言うと顔つき、白地にサバトラの配分がマーに似ています。
その後、枯草の上でお昼寝している姿を見かけたりしていたのですが
我が家まで来ることはありませんでした。

前置きが長くなりましたが、日曜日の夜
庭に出ていたマーがダッシュでキャットフラップから入ってきました。
カーテンの隙間から覗いてみると、いつか見たあのニャンコです。
どうやらマーを追いかけて来たようです。
夫にマーのそっくりさんが来てるよと言うと
いきなり玄関を開けて、家に居れたのです。
案の定、マーとサクラはシューシュー言って
押し入れに・・出窓に・・・逃げました。
華は1,2mの所にこのオスニャンコがいるのに
「何かあった?」と顔を持ち上げ、また寝てしまいました。
ボケているのか正気なのか、動物病院に行っても極めておとなしく冷静です。

夫は私の制止も効かず、このオスニャンコに
どれでも好きなの食べなさいととふるまったのです。
「うみゃい、うみゃい」と声を出して食べていました。
IMG_0681.jpg

この様子がまたマーとサクラには恐怖なのです。
怖がっているからもう出したらというと
夫が抱えたところで、ガブリ、再度抱え直してまたガブリ。
外に出し終えた後は血がしたたり落ちていました。
そして一夜明けた夫は「痛くて手が動かせない」と・・・
かまれた傷もまあまあ痛いのですが、指先がピリピリして物が一切つかめないというのです。
祝日の月曜日、運よく近くの開業医が当番医だったので行ってきました。
それが今日も、三日間連続の点滴。
やっと車のハンドルが握れるようになりました。

ちなみにこのオスニャンコは完全ノラちゃんではなくて
近くの看板屋さんで可愛がられているニャンコではないかと・・・
仕事が通いなので日曜日や夜間は自由気ままにいるようです。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
大変でしたね
にゃんこの毒にあたったのですか?
やっぱりよそのにゃんこは怖いですね。
まーちゃん、さくらちゃん、その後大丈夫ですか?
うちによくホームステイに来ていたロブは、
東京の実家暮らしをしています。
1ヵ月も経つと先住猫(4才メス)と距離を保ちながら遠慮品からもご機嫌に暮らしているようです。
うちでは1週間から10日ぐらいだったので、
少し慣れた頃に帰って行き、次来たときはまた1からやり直しでした。
かえでがね、おうち警備隊長でガンをつけてましたから、居心地悪かったみたいです。
2019/01/17(木) 10:09:30 | URL | mimi #GCA3nAmE[ 編集]
お返事です♪
e-343mimiさんへ

夫は昨日、かかっていた個人医から総合病院に行かされたのですが、菌かどうか夫は面倒くさがりあまり聞いてこないのです。
家の猫は噛んでも甘噛みですからどうってことないですが
このよその猫ちゃんは5kはありそうな大きな男の子です。
半外生活のようですから、抱かれ慣れてはいないみたいです。
話は変わりますが、うちのマーとサクラは姉妹でありながら
ものすごく仲が悪いんですよ。
2019/01/18(金) 08:20:33 | URL | yuri #halAVcVc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する